加齢による肌の衰えを除く

肌を見ると、その人の年齢がなぜかわかる気がします。

肌ではナカナカサバは読めません。

特にわかりやすいところは目の下でシワが多くなるし、クマが出現しやすく、またナカナカ去りませんから、年齢あがるにつれ、この部分について悩む人は増えていくそうです。

肌を健康的に見せてくれる張りやツヤが年を取るに従って少しずつ失われると、その分、シワとなって見える形で表に出てきます。

顏の部分だけみてみますが、どの部位のシワで悩む人が多いのかというと眉間に走る縦線、目の周りの細かいシワや目尻にできる笑いジワ、それからほうれい線、このあたりがメジャーです。

素肌の年齢は、いつまでも若く保ちたいものです。加齢による肌の衰えを除くと、素肌年齢を一気に進ませる原因は「紫外線」です。シワの原因をシャットアウトするのが大切ですね。具体的には日焼けどめを塗った上、日傘や帽子などのアイテムを使って紫外線に当たる時間を極力減らすことが大切ですね。もし長時間日光に当たったら冷たいタオルなどで、ほてりや赤みがひくまで冷やしたあと、保湿機能のある化粧水やジェルなどでお手入れし、シワの基になる乾燥を予防しましょう。シミの発生も抑えるのでトータルでアンチエイジングの効果が得られると思います。私の母は2、3年前から顔にできてしまったシミに頭を抱えていました。そのシミのサイズは十円玉と同じくらいのサイズが一つ、少し小さいものが何カ所か両頬に散乱していました。約1年前、母の美肌友達から「シミには発芽玄米が効果がある」ときき、さっそく毎食に可能な限り取り入れてきました。その結果、シミは薄れてきています。ニキビとは皮脂により毛穴が詰まってしまって、炎症を起こしています。

乾燥がひどい場合皮脂が少ないことから毛穴の目詰まりは起こらないように感じますが、現実はそうではありません。皮脂の分泌が異常に低いと肌は乾燥を防止するために沢山の皮脂分泌をしてしまいます。

結果、毛穴が目詰まりを起こしてしまってニキビができるわけですね。

最も気にかけている部分はどこかと問われたら顔だという方が大多数でしょう。顔のお手入れといえば洗顔がベースです。顔に付いた汚れや過剰な皮脂を取り除くステップからお手入れが開始するからです。

洗顔では石鹸や洗顔クリームをいかに泡たてるかが大切ですね。

必ず泡たてネットを使用しモコモコになるように泡たてて泡で包み込んで洗顔します。肌が荒れるのは乾燥が原因のために布団から出ています。肌を保護してくれるクリームを充分に愛用するといいでしょう。乾燥した肌を放置するのはお勧めできません。

肌を清潔にするためには、洗顔することが大前提ですが、洗顔を必要以上にすると、む知ろ肌を傷めてしまいます。

朝は顔を洗わないか、軽く洗う程度にするのが良いです。健康的で充分な水分を含んだ肌のキメは、細かくて美しいものです。

この「キメ」とは、肌の表面上を網羅する細い線である皮溝と、皮丘という、皮溝で分けられた盛り上がり部分の連続によって、構成されています。

キメが整っている肌を見ると皮丘には充分な水分がふくまれ、それぞれの大きさがきれいに揃っています。でも、身体の外側にあり、バリアの役目をする表皮が水分を失い、乾燥しきって荒れてしまうと、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。

表皮が荒れて、バリアとしての機能がうまく働かないでいると、表皮が覆う真皮もその内傷つくことになるはずです。

傷んだ真皮が肌をしっかり支えることが出来なくなって、こうしてシワが増えていきます。お顔のくすみは多くの女性の悩みでしょう。そんな時はスキンケアの第一歩である洗顔を見直すことが必要かもしれないです。

くすみの犯人は毛穴につまった角栓です。

生活リズムの乱れなど、お肌の新陳代謝を妨げると、古い角質は排出されずにたまってしまいます。

正しい洗顔方法はぬるま湯を使用して、保湿しながら汚れは落としてくれる洗顔料で泡で摩擦を減らし、こすらないようにして洗います。肌のターンオーバーを促すピーリング石鹸を週一回ほど使うと透明感ある肌へ変わっていくことでしょう。

強く摩擦をかける洗顔やピーリングで負担をかけると、死んだ角質が重なって肌が一時的に硬くなるはずですが、実際には角質より下の層は薄くなっています。表皮は水分の蒸発を防いで肌を保護する働きがありますが、わかっていて何もしないでいると表皮のバリア機能を害し、やがて表皮の下にある真皮にも影響が出てきます。真皮にまで影響が及ぶとお肌のリフティング性能が落ちるので回復できなかった皮膚の緩みがシワになるため、みるみる素肌年齢が進んでしまい、回復にも時間がかかるようになるはずです。

この数年間、肌に刻み込まれつつあるしわについてどうにも気になり、焦燥感をおぼえています。中でも特に問題視しているのは目尻の笑じわでしょうか。大体目の周りの皮膚というのは薄くて、どうしてもしわができやすいですから、この部分のスキンケアにはずいぶん力を入れていますが、皮膚が薄いと、水分を留めておけなくて、乾燥しやすくなっています。

そこで、念を入れてクリームを何度も塗ったりして、保湿にはとにかく気を使うことを常に考えているのです。